覚えておきたい!屋形船のマナーと注意点

覚えておきたい!屋形船のマナーと注意点 屋形船は屋根の付いた船で、景色を楽しみながら、食事をしたり宴会を楽しめるものです。屋形船には、貸し切りと乗り合いの二つの種類があります。
特に乗り合いの場合は注意が必要です。楽しく過ごしたい気持ちはわかりますが、酔っ払いすぎたり、騒ぎすぎたりすると他のお客さんの迷惑になってしまいます。
マナーはしっかり守りましょう。ゴミを川に捨てる行為も控えましょう。
次に遅刻もしないようにしましょう。屋形船は予定通りの時間に出航することになっています。
乗り降りに時間もかかりますし、特に花火などのシーズンは交通も混雑しますので、20分から30分ぐらいは余裕を持って到着できるようにしましょう。
屋形船は屋根が付いていますので、雨でも大丈夫ですが、たまに天候によって出航が左右される場合もありますので、風が強いなどの不安な時は確認した方がいいです。
冬など船の上は意外と寒くなるので、何か一枚上に着れるものを持っていってもいいです。

屋形船で忘年会をする際の注意点!

屋形船で忘年会をする際の注意点! 忘年会をする時期は、12月などのとても寒い時期になります。最近の屋形船はエアコンが設置されているため、あまり寒さは感じません。
しかし、展望デッキや隙間風などで寒い場合があるので、寒さ対策が必要になります。防寒用の服やカイロやひざ掛けなどを用意するようにしましょう。
車酔いなどをする人は船酔いもしやすくなるので、忘年会の前日は早く寝て体調を整えておく必要があります。
屋形船で行う忘年会は、とても人気が高くなってします。そのため、予約をするのが遅くなってしまった場合、予約が一杯になっている事があります。
特に、貸切る事を考えている場合は、日経が決まったらすぐに予約をしておく方が安心できます。予約の受付を1年以上も前から始めている屋形船もあるので、遅くとも2ヶ月から3か月程前位前には予約を入れておくようにしましょう。
自分たち以外にもお客さんが一緒に乗っている場合は、大騒ぎしたり暴れたりする迷惑をかけてしまいます。他のお客さんに迷惑をかけないように注意しましょう。